借り換えカードローンは、これまで複数の会社からお金を借りていた人が、これを一本化することによって、利息を少なく、より支払いやすくするための手段であるといます。こうした借り換えカードローンが保証人不要であるかどうかというのは重要なところで、もしも保証人不要ということでなければ、万が一にも支払えなくなってしまった場合に、その保証人が債務の弁済にあたらなければならなくなってしまいますし、なによりも保証人がみつからないがために、借り換えカードローンの審査で落ちてしまう原因にもなってしまうからです。
実際のところ、借り換えカードローンは保証人不要なのかどうかですが、ほとんどの銀行や消費者金融では、はじめから保証人不要、担保不要とうたっているところがほとんどですので、あまり心配をする必要はないといえます。保証人のかわりとして、一定のお金を保証料として支払うことにより、保証債務を引き受けてくれる保証会社とよばれるものが別にあるため、通常はこうした会社の保証付きでの契約となるためです。当然、この保証会社による審査は通過しなければなりませんが、極端に支払い能力に欠けているといった事情がなければ、こちらもあまり心配をすることはないといえます。
ただし、借り換えカードローンであっても、たとえば総借入額が500万円を超えるなどの大型案件となってしまった場合には、一般的な保証人不要という条件が適用されず、保証人を立てなければならないこともありますので、注意はしておくのがよいといえます。